選挙速報をみながら所謂 ”ニュース” について思うこと

テレビは選挙速報一色だ。ひと通りをみてみた結果、WBS系がスマートでいいと思った。

「ニュースステーション」では久米宏のひとり語りが延々と続いていた。個人的な感想を”ニュース”という枠で伝えるのはよくないと思う。僕は常々「ニュースというものは事実のみを淡々と伝えるべきで報道には形容詞や副詞すら要らない」という考えを持っているので、その点でこの番組が好きではない。自身に見に覚えがあることではあるが、TVという影響力のある媒体で、例えばキャスターが何か感想や考え方を述べると、それが視聴者である自分の考えに上書きされ、あたかも自分の考えのように思えてくる。自然と受け売りが行われてしまうわけだ。それは、自分で思考することの放棄なのだと僕は思う。ともすれば陥りやすいこの現象には、努々気をつけていたいことだ。また、公共の電波で、しかもニュースと銘を打って、自分の考えや哲学を視聴者に浸透させようとするキャスターは邪悪ではないか。もしそういうことをしたいなら、ニュースという冠は外した上で、視聴者に選択の自由を与えるべきだ。その人の意見を積極的に聞きたい人が、番組を視聴するというのは、それはそれでいいと思う。

余計なお世話かもしれないが、渡辺真理はちゃんと御飯を食べた方がいい。病的なまでに痩せすぎだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました