エンゼルをツモった

生協で初めてチョコボールを買ってみたらエンゼルをツモった。

最近、院試に向けた情報の詰め込みすぎで日常的な判断力が著しく低下している。「強迫儀式」というのだろうか、そういうことをやってみたのだった。つまり、「エンゼルをツモる確率は院試に落ちる確率とたぶん同じくらいなのだから、エンゼルをツモらないという事象を体験することによって院試をパスするという確率を体感・確認しておこう」というわけである。なんのこっちゃ。

院試の合否とエンゼルの出現率に因果関係は一切ないということは明白なのだが、それでもバカなことを考えながら厳かな気持ちで蓋を開けたら銀色のエンゼルちゃんがすっぽんぽんで鎮座ましましていたわけで。たった47円で、「あれ?院試落ちるんじゃない?」「意味のないことをしているな」「でもエンゼルツモれてちょっと嬉しい」という、なんとも微妙な気分を味わうことができた。エンゼルは集めている友達にあげた。

研究室にいると突然ガタガタという騒音がしたので、てっきり下の階にある獣医学部の研究室で飼われている猫が暴れているのだと思っていたが、どうやら地震だったらしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました