スタジオ大四畳半

四畳半から一軒家に昇格。

*

8月が終わる

      2011/07/27

怒涛の8月も今日で終わる。やはり院試が大変だった。

5月頃からずっと体調が悪そうで、先週も連日39.9℃の熱を出していた学科の友人が、「検査の結果、血液の癌だったんだよね」とシレっとした顔で言った。思わず「おい、その病気はちゃんと治るんだよな?」と聞いたのだが、人間いつどんな災厄が身に降りかかるか本当に解らないのものだとしみじみと感じた。
 
新装版の『さぶ(著:山本周五郎)』の表紙を池上遼一が描いているのを発見して、ちょっと笑った。

 - 日記 ,

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
CASSHERNの帰国

魚病学研究室の猛禽、「キャシャーン」ことキャスリンの送別会がさきほど終わった。こ …

no image
新居がようやく安定してきた

ようやく新しい環境に落ち着いてきた。「引越し」という作業は実際やってみると、引越 …

no image
マルチポストメールが来た

最近流行りのマルチポストメールが遂に僕のところにもやってきた。流行りに乗れたよう …

[スタンド名]SCRAPPER/[能力]神経伝達物質関連タンパク質を破壊する

“Cell”2007年9月7日号の表紙を荒木飛呂彦先生が …

no image
今年の段取り

六月が終わろうとしている。今年の夏は院試があり、いよいよ教育実習にも行かなければ …

東松原から巣鴨への引っ越しの準備

今月は引越し準備でてんやわんやであったが、遂に明日、東松原から巣鴨への引越しを決 …

no image
「この論文はフィクションです」

“The story,all names,living things …

富の偏在
学内における富の偏在

工学部の建物の前にPCの周辺機器が大量に廃棄されていたので、研究室の人たちと拾い …

no image
紫外線は断固遮断したい

7月からは、学科の実習に参加することになる。終日海の上で漁――なんて日も多いよう …

2016年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。 本年もなにとぞよろしくお願いいたします。