スタジオ大四畳半

四畳半から一軒家に昇格。

*

[スタンド名]SCRAPPER/[能力]神経伝達物質関連タンパク質を破壊する

      2012/03/16

“Cell”2007年9月7日号の表紙を荒木飛呂彦先生が描かれていたので、とても驚いた。

“Only “Cell” !! You can read Mr.Araki’s science manga !!”
( 「荒木先生の科学漫画が読めるのは”Cell”だけ!!」 )

On the cover: Presynaptic plasticity is a fundamental, yet poorly understood, neural phenomenon that is thought to be the basis of learning and memory. In this issue, Yao et al. (pp. 943-957) identify a novel ubiquitin ligase named SCRAPPER, which is responsible for tuning of synaptic vesicle release probability. SCRAPPER ubiquitinates presynaptic active zone protein RIM1, triggering its proteasomal degradation. Neurons from the Scrapper-knockout mice have hyper electrophysiological activity and contained increased amount of RIM1, and these phenotypes could be rescued by re-expression of SCRAPPER or knockdown of RIM1. The results highlight the importance of protein degradation in the regulation of synaptic activity in vivo. On the cover, the purple SCRAPPER humanoid is putting blue heart-shaped ubiquitins on the red RIM creatures. Japanese manga artist Hirohiko Araki created the cover image with scientific direction from Drs. Setou and Ageta.

“Cell”って意外と融通が利くんだなぁ。そして、やっぱり、荒木先生のイラストはカッコイイ。

 - 日記

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
「ちくしょう!!ファック!!サノバビッチ!!許さないぞあいつら!」

「ちくしょう!!ファック!!サノバビッチ!!許さないぞあいつら!」 「おい!待て …

no image
学科で海難事故があった

朝一番に衝撃的なニュースを聞かされた。天然物化学研究室のポスドクの方がサンプリン …

no image
五月祭の打ち上げを開催した

本日は五月祭で我々水圏が開いた「ウナギ屋」の収益を用いての打ち上げが行われた。一 …

no image
「この論文はフィクションです」

“The story,all names,living things …

no image
東京へと戻る

昨日は家族で飲みに行った。そして、たいして飲んでもないのに、酔って前後不覚になっ …

2017年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。 2017年もよろしくお願いいたします!

「カイミジンコの中に奴が居る!!」

ゼミテーマの論文に一通りざっと目を通した。デッドラインは月曜日なので、少し急いで …

火曜ロードショー
毎週火曜日はゼミの日

毎週火曜日の午前中は研究室のゼミが開かれる。今回、僕に発表の順番が回ってきていた …

no image
2003年8月の記録

何かをやっても、数日経つとその時の記憶が砂のように脳からこぼれおちてしまう。貧乏 …

no image
まんがくらぶ新歓コンパ2004が開催された

まんがくらぶの新歓コンパがあったので渋谷へ。学部に進学して弥生に行くようになった …