スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

[スタンド名]SCRAPPER/[能力]神経伝達物質関連タンパク質を破壊する

      2012/03/16

“Cell”2007年9月7日号の表紙を荒木飛呂彦先生が描かれていたので、とても驚いた。

“Only “Cell” !! You can read Mr.Araki’s science manga !!”
( 「荒木先生の科学漫画が読めるのは”Cell”だけ!!」 )

On the cover: Presynaptic plasticity is a fundamental, yet poorly understood, neural phenomenon that is thought to be the basis of learning and memory. In this issue, Yao et al. (pp. 943-957) identify a novel ubiquitin ligase named SCRAPPER, which is responsible for tuning of synaptic vesicle release probability. SCRAPPER ubiquitinates presynaptic active zone protein RIM1, triggering its proteasomal degradation. Neurons from the Scrapper-knockout mice have hyper electrophysiological activity and contained increased amount of RIM1, and these phenotypes could be rescued by re-expression of SCRAPPER or knockdown of RIM1. The results highlight the importance of protein degradation in the regulation of synaptic activity in vivo. On the cover, the purple SCRAPPER humanoid is putting blue heart-shaped ubiquitins on the red RIM creatures. Japanese manga artist Hirohiko Araki created the cover image with scientific direction from Drs. Setou and Ageta.

“Cell”って意外と融通が利くんだなぁ。そして、やっぱり、荒木先生のイラストはカッコイイ。

 - 日記

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
今年の段取り

六月が終わろうとしている。今年の夏は院試があり、いよいよ教育実習にも行かなければ …

no image
雨。濡れたあと

自転車での帰宅途中、いわゆるゲリラ豪雨というやつに降られてずぶ濡れになってしまっ …

no image
研究室に行き研究のテーマを決める

冬季試験は無事終了し、煩わしい試験勉強期間から解放された。ここ数日、その解放感か …

東大まんがくらぶ創部50周年

大学時代に所属していたサークルの創部50周年記念会に出てきました。 会場は池袋サ …

no image
日記20051206

本日は火曜日恒例、研究室のゼミと茶話会。 流石に夕方から行われる茶話会は飲み会の …

hanaikada
祇園四条の花筏

取材で京都に来ております。四条駅で降りたのですが、この時期の京都は観光客で溢れか …

no image
大掃除をして物をたくさん棄てた

夏は完全に終わって新学期になっているので、衣替えをするついでに部屋の大掃除に着手 …

カイエンペッパー
カイエンペッパー

研究室でいただいたえらく辛いと噂の「カイエンペッパー」で、ぺペロンチーノを作って …

no image
恐い順番。地震>>越えられない壁>>>雷>以下略。

ニュースは昨日の十勝沖で地震の話題で持ちきりだ。大きいものだったようだ。一人以上 …

no image
目覚めたら体が動かなかった

不快な夢をいくつもみて、目覚めたら体がまったく動かなかった。風邪か、脱水症状か、 …