スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

[スタンド名]SCRAPPER/[能力]神経伝達物質関連タンパク質を破壊する

      2012/03/16

“Cell”2007年9月7日号の表紙を荒木飛呂彦先生が描かれていたので、とても驚いた。

“Only “Cell” !! You can read Mr.Araki’s science manga !!”
( 「荒木先生の科学漫画が読めるのは”Cell”だけ!!」 )

On the cover: Presynaptic plasticity is a fundamental, yet poorly understood, neural phenomenon that is thought to be the basis of learning and memory. In this issue, Yao et al. (pp. 943-957) identify a novel ubiquitin ligase named SCRAPPER, which is responsible for tuning of synaptic vesicle release probability. SCRAPPER ubiquitinates presynaptic active zone protein RIM1, triggering its proteasomal degradation. Neurons from the Scrapper-knockout mice have hyper electrophysiological activity and contained increased amount of RIM1, and these phenotypes could be rescued by re-expression of SCRAPPER or knockdown of RIM1. The results highlight the importance of protein degradation in the regulation of synaptic activity in vivo. On the cover, the purple SCRAPPER humanoid is putting blue heart-shaped ubiquitins on the red RIM creatures. Japanese manga artist Hirohiko Araki created the cover image with scientific direction from Drs. Setou and Ageta.

“Cell”って意外と融通が利くんだなぁ。そして、やっぱり、荒木先生のイラストはカッコイイ。

 - 日記

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
タヨリナイ雲

夢野久作文体が思った以上にシックリときた。こういう感じならいくらでも書けそうだ。 …

no image
本でできたジェンガがドカドカと崩れる

激しい低気圧のせいで、巣鴨の我が家は揺れに揺れている。常に「震度2」といったとこ …

no image
郵便局に荷物を紛失させられた

郵便局で送られてくるはずだった大切な荷物が届かない。問い合せてみたら、どうやら紛 …

no image
目覚めたら体が動かなかった

不快な夢をいくつもみて、目覚めたら体がまったく動かなかった。風邪か、脱水症状か、 …

火曜ロードショー
毎週火曜日はゼミの日

毎週火曜日の午前中は研究室のゼミが開かれる。今回、僕に発表の順番が回ってきていた …

no image
エンゼルをツモった

生協で初めてチョコボールを買ってみたらエンゼルをツモった。 最近、院試に向けた情 …

no image
癌はどこへ消えた

肺がんを患っていた祖父のがん細胞がいつの間にか消えてなくなったそうだ。医者が「信 …

no image
しばしの休日に突入

昨日は大学帰りに春日駅の近くにある酒屋で焼酎を買ってきたのでした。口当たりが非常 …

no image
魚病学研究室の大掃除をした

本日は研究室の大掃除に駆り出された。中に何が入っているかわからない試薬瓶やスクリ …

カイエンペッパー
カイエンペッパー

研究室でいただいたえらく辛いと噂の「カイエンペッパー」で、ぺペロンチーノを作って …