スタジオ大四畳半

四畳半から一軒家に昇格。

*

[スタンド名]SCRAPPER/[能力]神経伝達物質関連タンパク質を破壊する

      2012/03/16

“Cell”2007年9月7日号の表紙を荒木飛呂彦先生が描かれていたので、とても驚いた。

“Only “Cell” !! You can read Mr.Araki’s science manga !!”
( 「荒木先生の科学漫画が読めるのは”Cell”だけ!!」 )

On the cover: Presynaptic plasticity is a fundamental, yet poorly understood, neural phenomenon that is thought to be the basis of learning and memory. In this issue, Yao et al. (pp. 943-957) identify a novel ubiquitin ligase named SCRAPPER, which is responsible for tuning of synaptic vesicle release probability. SCRAPPER ubiquitinates presynaptic active zone protein RIM1, triggering its proteasomal degradation. Neurons from the Scrapper-knockout mice have hyper electrophysiological activity and contained increased amount of RIM1, and these phenotypes could be rescued by re-expression of SCRAPPER or knockdown of RIM1. The results highlight the importance of protein degradation in the regulation of synaptic activity in vivo. On the cover, the purple SCRAPPER humanoid is putting blue heart-shaped ubiquitins on the red RIM creatures. Japanese manga artist Hirohiko Araki created the cover image with scientific direction from Drs. Setou and Ageta.

“Cell”って意外と融通が利くんだなぁ。そして、やっぱり、荒木先生のイラストはカッコイイ。

 - 日記

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ランダムに採取した海洋生物の同定とスケッチ

学生実験で海で適当に採取して固定した生き物の同定とスケッチをひたすら行う。プチ図 …

no image
ゴールデンウィーク最終日を麻雀でしめる

ゴールデンウィークの最終日は、国士会麻雀部の新歓麻雀で終日を高田馬場で過ごした。 …

no image
日記20051206

本日は火曜日恒例、研究室のゼミと茶話会。 流石に夕方から行われる茶話会は飲み会の …

no image
昆虫綱網翅目

自宅にとても大きいゴキブリが現れた。キッチン周りは綺麗にしていたつもりだったが、 …

no image
もっと統計に習熟せねば

教育実習のレポートを書き上げ、教育学部に提出した。弥生に戻ってきたら愛媛から今月 …

no image
本日の実験は鯛の骨のスケッチ

本日の学生実験は昨日、実験室で食べた鯛の骨のスケッチであった。骨のところどころが …

no image
8月が終わる

怒涛の8月も今日で終わる。やはり院試が大変だった。 5月頃からずっと体調が悪そう …

no image
茗荷は美味しい

試水中の光合成色素を吸光法で定量するという実験を長く行ってきたが、ゴールデンウィ …

no image
とても眠い

ひたすら眠い。 「僕は赤ちゃんか」と思うくらい眠い。 (じゃあ寝ろ) (うん、寝 …

no image
持続型相対強運

馬場で23時に国士会麻雀部の卓を立てたのだが、一昨日のリセットが功を奏したのか、 …