スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

[スタンド名]SCRAPPER/[能力]神経伝達物質関連タンパク質を破壊する

      2012/03/16

“Cell”2007年9月7日号の表紙を荒木飛呂彦先生が描かれていたので、とても驚いた。

“Only “Cell” !! You can read Mr.Araki’s science manga !!”
( 「荒木先生の科学漫画が読めるのは”Cell”だけ!!」 )

On the cover: Presynaptic plasticity is a fundamental, yet poorly understood, neural phenomenon that is thought to be the basis of learning and memory. In this issue, Yao et al. (pp. 943-957) identify a novel ubiquitin ligase named SCRAPPER, which is responsible for tuning of synaptic vesicle release probability. SCRAPPER ubiquitinates presynaptic active zone protein RIM1, triggering its proteasomal degradation. Neurons from the Scrapper-knockout mice have hyper electrophysiological activity and contained increased amount of RIM1, and these phenotypes could be rescued by re-expression of SCRAPPER or knockdown of RIM1. The results highlight the importance of protein degradation in the regulation of synaptic activity in vivo. On the cover, the purple SCRAPPER humanoid is putting blue heart-shaped ubiquitins on the red RIM creatures. Japanese manga artist Hirohiko Araki created the cover image with scientific direction from Drs. Setou and Ageta.

“Cell”って意外と融通が利くんだなぁ。そして、やっぱり、荒木先生のイラストはカッコイイ。

 - 日記

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
今年も生活実態調査の封書が届いた

大学から学生の生活実態調査アンケート協力依頼の封書が来た。確か去年も一昨年も、そ …

BOOKS青いカバ

少し前から気になっていた駒込の書店「BOOKS青いカバ」。アンソロジー本『絶望図 …

no image
しばしの休日に突入

昨日は大学帰りに春日駅の近くにある酒屋で焼酎を買ってきたのでした。口当たりが非常 …

富の偏在
学内における富の偏在

工学部の建物の前にPCの周辺機器が大量に廃棄されていたので、研究室の人たちと拾い …

no image
「この論文はフィクションです」

“The story,all names,living things …

no image
本日の実験は鯛の骨のスケッチ

本日の学生実験は昨日、実験室で食べた鯛の骨のスケッチであった。骨のところどころが …

no image
8月が終わる

怒涛の8月も今日で終わる。やはり院試が大変だった。 5月頃からずっと体調が悪そう …

飯塚滞在中

今年も夏は飯塚の家に滞在しています。 周りを水田に囲まれているので、板橋の家より …

no image
日記20051206

本日は火曜日恒例、研究室のゼミと茶話会。 流石に夕方から行われる茶話会は飲み会の …

竜宮城(餌場)は二つあった

東京大学大気海洋研究所に所属されている畑瀬英男さんの『竜宮城は二つあった: ウミ …