スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

[スタンド名]SCRAPPER/[能力]神経伝達物質関連タンパク質を破壊する

      2012/03/16

“Cell”2007年9月7日号の表紙を荒木飛呂彦先生が描かれていたので、とても驚いた。

“Only “Cell” !! You can read Mr.Araki’s science manga !!”
( 「荒木先生の科学漫画が読めるのは”Cell”だけ!!」 )

On the cover: Presynaptic plasticity is a fundamental, yet poorly understood, neural phenomenon that is thought to be the basis of learning and memory. In this issue, Yao et al. (pp. 943-957) identify a novel ubiquitin ligase named SCRAPPER, which is responsible for tuning of synaptic vesicle release probability. SCRAPPER ubiquitinates presynaptic active zone protein RIM1, triggering its proteasomal degradation. Neurons from the Scrapper-knockout mice have hyper electrophysiological activity and contained increased amount of RIM1, and these phenotypes could be rescued by re-expression of SCRAPPER or knockdown of RIM1. The results highlight the importance of protein degradation in the regulation of synaptic activity in vivo. On the cover, the purple SCRAPPER humanoid is putting blue heart-shaped ubiquitins on the red RIM creatures. Japanese manga artist Hirohiko Araki created the cover image with scientific direction from Drs. Setou and Ageta.

“Cell”って意外と融通が利くんだなぁ。そして、やっぱり、荒木先生のイラストはカッコイイ。

 - 日記

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
院試2日目

院試の2日目は4時間ぶっ通しで行われる専門科目の試験だ。知識量と共に持久力も問わ …

no image
研究室に行き研究のテーマを決める

冬季試験は無事終了し、煩わしい試験勉強期間から解放された。ここ数日、その解放感か …

no image
今日は集中力が持続しなかった

今日はどうにも集中力が持続せず、夕方で勉強を切り上げて巽家へ行き、深夜まで漫画を …

no image
本でできたジェンガがドカドカと崩れる

激しい低気圧のせいで、巣鴨の我が家は揺れに揺れている。常に「震度2」といったとこ …

no image
蝉(味:◎/入手しやすさ:◎)

構内にいた蝉を捕まえて水産資源学研究室で飼われているハムスターに与えたら、内臓を …

no image
ふぐの調理師免許

昨日くじいた足が痛いのでゴロゴロしながら魚の図鑑ながめてたら一日が終わってしまっ …

no image
Syoさんが英国紳士になるとのこと

魚病学研究室のSyoさんが、研究者としてイギリスの大学に務められることになった。 …

no image
アメリカの街ではワニが闊歩するらしい

ハリケーンで水没したミシシッピ州の街が無法地帯となり、感染症が発生し、おまけにワ …

no image
自転車通学のコースレコードを更新した

朝風呂に入ってマッタリしていたら実験の開始時間に遅れそうになり、巣鴨から弥生まで …

no image
2003年8月の記録

何かをやっても、数日経つとその時の記憶が砂のように脳からこぼれおちてしまう。貧乏 …