スタジオ大四畳半

四畳半から一軒家に昇格。

*

『地域の誇りで飯を食う! “何もないまち„を変えた奇跡の物語』(旬報社)が完成しました

      2018/01/22

地域の誇りで飯を食う!

お金がない、やる気がない、若者がいない。「ないない尽くし」の中で地域は何をエネルギー源として活性化を考えていけばいいのかーー。

そんな問いに答えを与える真板昭夫先生の著書『地域の誇りで飯を食う! “何もないまち”を変えた奇跡の物語』(旬報社)の見本が完成しました。11月30日から書店販売されます。先生と私とで本を作る活動を「M(真板)O(大谷)プロジェクト」と名付けていますが、今回の本は『草魚バスターズ』(2013年9月、飛鳥新社)に続くプロジェクト第2弾になります。

岩手県の北端にある二戸市で先生と仲間たちが24年間にわたって取り組んできた「宝探し」活動の成果をまとめ、コンサルタント任せでは決して成しえない本当の地域おこしとは何かを熱く説く本書。胸を打つ数々のエピソードもさることながら、「地域おこしを長続きさせる仕掛け」といった運動論についての記述などは、地域おこしに取り組んでいる方これから取り組もうとしている方の道標となることと思います。

 - WORKS

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

  関連記事

『おめでたい日本人に教える虐殺の歴史』のカバーイラスト

『おめでたい日本人に教える虐殺の歴史(飛鳥新社)』のカバーイラストを描きました。 …

草魚バスターズ_カバー
上質のサイエンスミステリー、『草魚バスターズ もじゃもじゃ先生、京都大覚寺大沢池を再生する』を諸々と担当しました【スタジオ大四畳半】

京都嵯峨芸術大学の真板昭夫先生の著書『草魚バスターズ もじゃもじゃ先生、京都大覚 …

【祝】『寄生蟲図鑑』の重版が決まりました!【重版】

 Amazon等で品薄状態が続いておりました『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち …

『人をつくる言葉』(大村智、毎日新聞出版)刊行です

『人をつくる言葉』が毎日新聞出版から刊行されます。2015年に「線虫感染症の新し …

『世界で一番詳しいウナギの話』の本文イラストを作成しました【スタジオ大四畳半】

スタジオ代四畳半で、『世界で一番詳しいウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス …

『安全という幻想 エイズ騒動から学ぶ』(郡司篤晃、聖学院大学出版会)刊行です

『安全という幻想 エイズ騒動から学ぶ』(聖学院大学出版会)が刊行されました。 著 …

『ナンコレ生物図鑑 あなたの隣にきっといる』(佐々木洋・スタジオ大四畳半、旬報社)刊行です

生き物探しに最適な季節、夏。というわけで、スタジオ大四畳半がイラストを担当した『 …

『東大生が描いたマンガで学ぶ大学受験』
『東大生が描いた マンガで学ぶ 大学受験』を出版しました

本日、『東大生が描いた マンガで学ぶ 大学受験』の見本が印刷所から刷り上がってき …

『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』B3ポスター&POPをダウンロードできるようにしました

単行本『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』の販促材として、書店さまに配布してい …

なぜかカバーにイエローが配色されがちな台湾翻訳版

数日前から胃腸をやられていてちょっと参っています。 それはともかく。昨年11月に …