スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

『地域の誇りで飯を食う! “何もないまち„を変えた奇跡の物語』(旬報社)が完成しました

      2018/01/22

地域の誇りで飯を食う!

お金がない、やる気がない、若者がいない。「ないない尽くし」の中で地域は何をエネルギー源として活性化を考えていけばいいのかーー。

そんな問いに答えを与える真板昭夫先生の著書『地域の誇りで飯を食う! “何もないまち”を変えた奇跡の物語』(旬報社)の見本が完成しました。11月30日から書店販売されます。先生と私とで本を作る活動を「M(真板)O(大谷)プロジェクト」と名付けていますが、今回の本は『草魚バスターズ』(2013年9月、飛鳥新社)に続くプロジェクト第2弾になります。

岩手県の北端にある二戸市で先生と仲間たちが24年間にわたって取り組んできた「宝探し」活動の成果をまとめ、コンサルタント任せでは決して成しえない本当の地域おこしとは何かを熱く説く本書。胸を打つ数々のエピソードもさることながら、「地域おこしを長続きさせる仕掛け」といった運動論についての記述などは、地域おこしに取り組んでいる方これから取り組もうとしている方の道標となることと思います。

 - WORKS

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

  関連記事

『脳学 アッ!いま、科学の進む音がした』でカバーイラストと挿絵

「脳」をテーマにした科学的かつ驚愕の話題の数々を紹介した書籍、『脳学 アッ!いま …

『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』の見本が完成しました【スタジオ大四畳半】

コツコツと作ってきた『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』(初めは『目黒寄生虫館 …

なぜかカバーにイエローが配色されがちな台湾翻訳版

数日前から胃腸をやられていてちょっと参っています。 それはともかく。昨年11月に …

月間『望星』4月号
月間『望星』の取材を受けました

ひょんなことから、スタジオ大四畳半が『望星』編集部(@bosei_jp)さんの取 …

『安全という幻想 エイズ騒動から学ぶ』(郡司篤晃、聖学院大学出版会)刊行です

『安全という幻想 エイズ騒動から学ぶ』(聖学院大学出版会)が刊行されました。 著 …

九段クリステル紫
マンガ生物学(仮)のイメージボード6

九段クリステル紫。肺は真っ黒、心も真っ黒。 少しこなれてきたので、このあたりでf …

kenpon2
『増補版 寄生蟲図鑑』(講談社)の見本が到着

本日、講談社から『増補版 寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』の見本が届きました …

『生きてるだけで150点!』(小西博之、毎日新聞出版)刊行です

俳優・小西博之さんの本のお手伝いをさせていただきました。『生きてるだけで150点 …

『尖閣武力衝突 日中もし戦わば』という本の本文イラストを作成しました【スタジオ大四畳半】

スタジオ大四畳半で、『尖閣武力衝突 日中もし戦わば』(飛鳥新社)という本の本文イ …

no image
講談社で生物学のマンガ参考書を描きます

会議であっけなく企画が通ったそうで、講談社で生物学のマンガ参考書を執筆することに …