スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

不老不死になる方法

      2011/07/24

今日は誕生日だった。誕生日というものは、それまで無事に生きてこられたありがたさを感じる日であると同時に、なんとなく残り年数を平均寿命から逆算してしまいがちなブルーな日でもある。「僕はあと60年くらい、今までの人生の時間を、後約3回繰り返したら死ぬのか」と、いうわけだ。そこで、死ななくて済む方法を考えてみた。

「Hela(ヒーラー)細胞」というものがある。1951年に亡くなったヘンリエッタ・ラックスという女性の細胞は、Hela細胞として世界中の研究室で培養されているのである。例えば、カリフォルニア大学のある典型的な研究室では一日あたり48リットルのHela細胞がこの大学の研究者達に日常的に供給するために増殖させられているそうだ。おそらく世界全体では一日あたりのHela細胞の生産量は数トンだろう。遺伝子も細胞も生きて保存されているヘンリエッタは、いまなお生きているといえるのではないか。つまり、このHela細胞と同じように、世界中の研究室に自分の細胞をばら撒けば、人類が繁栄している間は生き続けてるといってもいいのではないか。「細胞は生物の構造上・機能上の基本単位である」からだ。

胚性幹細胞を癌化させて残しておけば、オリジナルの自分は死んでも、自分という個体に宿っている固有の遺伝子の組み合わせは保存され、バイオサイエンスの発展と共に自分が再生される日もいつか必ず来るかもしれない。DNAの塩基配列の情報だけでは足りないだろうから、細胞ごと保存をしておいた方がいい。EScellから臓器などを確実に誘導することも可能となるだろう。未来にはきっとテロメア操作の技術や、遺伝子工学に基づく人体改造関係の技術、認知神経関係の技術なども大いに発達しているだろう。脳電気工学関係の知識や技術の進歩状況によっては、異なるハードに意識の連続性を与えることができるようになっているかもしれない。そう考えると、一度目に死ぬ時の自分は、むしろ次に目覚めた時の未来を楽しみにしながらしばしの眠りにつくのだ。このように考えると、誕生日が何度来ようが、大仰に嘆いたり、沈んだりする必要はないのではないか。

尤も、実験に提供された自分の細胞は環境条件を設定してそこから発生しうる表現型をシミュレートされる。また、実験に利用される可能性も高いだろう。毎日世界中の研究室で、薬剤感受性測定や、発ガン性測定、毒物の致死量測定のために殺されまくる自分の細胞のクローン。それはちょっといやだ。

 - 雑文 ,

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
『博士(はくし)が100にんいるむら』

ネット上に笑える話を見つけました。引きつった顔での笑いですが。 創作童話 『博士 …

no image
The PCR Song

生物屋の琴線に触れる素敵な動画を見つけました。このマシンを買いたくなりますね。 …

no image
日本の沿岸捕鯨要求を否決 IWC総会

日本の沿岸捕鯨要求を否決 IWC総会 カリブ海の島国セントクリストファー・ネビス …

no image
ラマダンは日没まで水も飲めないそうだ

同級生のオマーン人が連日ラマダン(断食)をやっている。日没までは水も飲んではいけ …

no image
3.論理問題(制限時間5分)/ 難易度:★☆☆

会話形式の論理問題です。徹底して水産で攻めます(笑) <<問題3>> 日本人のマ …

no image
緑豆が鯨研から鯨肉を盗む

日本の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員が南極海で捕獲したクジラの肉を個人的に大量に自 …

no image
あたし農毒

アタシ 毎日 ショウサイフグを 捌く 今日捌いたぶんは 蟲着いてない ねぇ 感染 …

no image
12月24日、愛国心に沸く日本列島

12月24日。 今日は天皇誕生日の後夜祭です。 街も愛国烈士たちで賑わっています …

no image
合縁奇縁

僕がまだ中学生の時分、どこかで入手した漫画雑誌に掲載されていたある作品に心を奪わ …

no image
アイドルの低年齢化に思うこと

テレビで「『なんとか工房』デビューまでの道程」という番組を放送しており、小学生が …