スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

LEECH

      2011/10/21

leech

Limnotrachelobdella sinensis


淀川で見つかった新手の蛭(Limnotrachelobdella sinensis)の写真。虫自体は中国で発見されたものが1890年代に記載されているが、日本では初の報告だそうだ。

大きいもので5cm弱。肉厚だ。10数匹まとめてスクリュー管瓶にホルマリン固定されてる様は、汁の色とか見るにつけても、まるでピクルスの瓶詰めのよう。決して食欲はそそらないが。

 - 寄生虫の研究 ,

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
気候が冬めいてきた

研究室から直接講義に出た後、英語の勉強をするために一端巣鴨へ行き、そこでのレッス …

no image
研究室にニューカマーが来ました

魚病学研究室にまたまたニューカマーが来ました。中国人の研究員で、とても背が高い人 …

海産白点虫
海産白点虫の生活環の模式図を描きました

准教授からの依頼で、図鑑の挿絵用に海産白点虫Cryptocaryon irrit …

カリグス
カリグス襲来

宿主を生かしておくための水槽にカリグスが大量発生してしまいました。ショウサイフグ …

第67回日本寄生虫学会東日本大会・懇親会
第67回日本寄生虫学会東日本支部大会に参加しました

第67回日本寄生虫学会東日本支部大会に参加しました。こういう集まりで味わえる心地 …

no image
マダイの頭×185を処理した

朝からずっとマダイのサンプル処理とデータ取りをした。夕方、気分転換に春日にある銭 …

no image
設定した仮説が覆ってしまった

やはり、フィールドの生物相手だと簡単にはいかないもので、愛媛で採取してきたタイノ …

バージョン・青
JSFP2008の壁紙

開催が明後日と明々後日に迫った、JSFP2008国際シンポジウムの会場で使うマシ …

統計の勉強を始める

卒業論文はタイノエの病害性をタイノエ寄生マダイと非寄生マダイとで比較検定すること …

no image
研究の中間発表終了

本日研究の中間発表(うちの研究室ではこの発表を「茶話会」と呼んでいる)を無事に終 …