スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

『人間の旬』(大村智、毎日新聞出版)刊行です

      2018/01/25

人間の旬

大村智・北里大学特別栄誉教授のエッセイ集『人間の旬』が毎日新聞出版から刊行されています。ご存知のように、大村先生は2015年に「線虫感染症の新しい治療法の発見」で米国メルク社のウィリアム・キャンベルと共にノーベル生理学・医学賞を受賞された日本を代表する化学者です。

化学者が自ら記したエッセイというものは珍しいのではないでしょうか。本書に記された先生の幼少時の思い出、研究生活の苦労話、日常の身辺雑記などからは、一人の化学者がどのようなことを考えながら人生を歩んできのかをうかがい知ることができます。卓越した文章力もあいまって、理系・文系問わず、誰もが興味をもって読むことのできる珠玉のエッセイ集になっていると思います。

私のお気に入りは、タイトルにもなっている「人間の旬」というエピソードです。80歳でノーベル賞を受賞された先生の「人が独創性と実行力を失いさえしなければ、(旬の季節というものが)何度でもめぐってくる」という言葉には大変な説得力があります。なにか新しいことを始めるにあたって年齢は関係ないのだ――そう勇気付けられます。
マットで美しいカバーの装画は、画家の小杉小二郎氏によって描かれたものです。

箴言集『人をつくる言葉』に引き続き、刊行のお手伝いをさせていただきました。

毎日新聞出版
http://mainichibooks.com/books/essay/post-332.html


 - WORKS

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

  関連記事

安田竜平
マンガ生物学(仮)のイメージボード5

安田竜平。抗体作成用のウサちゃんを、クリステルの魔手から救出したところ。imag …

第48回造本装幀コンクールで『寄生蟲図鑑』が賞を受賞しました!

 編集と執筆を行った本、『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』が第48回造本装幀 …

『中国人に対する「労働鎖国」のすすめ』という本のカバーイラストを担当しました【スタジオ大四畳半】

西尾幹二先生の『中国人に対する「労働鎖国」のすすめ』(飛鳥新社)という本のカバー …

『安全という幻想 エイズ騒動から学ぶ』(郡司篤晃、聖学院大学出版会)刊行です

『安全という幻想 エイズ騒動から学ぶ』(聖学院大学出版会)が刊行されました。 著 …

zouhoban-kiseicyuzukan
『増補版 寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』(講談社)が刊行されました

本日、著書『増補版 寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』(講談社)が刊行されまし …

生物学_イメージ
マンガ生物学(仮)のイメージボード

いまやっている生物学マンガのイメージボードです。 こんな感じでいこうかなーと。 …

『生きてるだけで150点!』(小西博之、毎日新聞出版)刊行です

俳優・小西博之さんの本のお手伝いをさせていただきました。『生きてるだけで150点 …

男性からの問い合わせが殺到している、『佐川男子』という本の本文イラストの一部を担当しました【スタジオ大四畳半】

 スタジオ大四畳半で、『佐川男子』(飛鳥新社)という本の「もしもあの有名人が佐川 …

海産白点虫
海産白点虫の生活環の模式図を描きました

准教授からの依頼で、図鑑の挿絵用に海産白点虫Cryptocaryon irrit …

『尖閣武力衝突 日中もし戦わば』という本の本文イラストを作成しました【スタジオ大四畳半】

スタジオ大四畳半で、『尖閣武力衝突 日中もし戦わば』(飛鳥新社)という本の本文イ …