スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

『人間の旬』(大村智、毎日新聞出版)刊行です

      2018/01/25

人間の旬

大村智・北里大学特別栄誉教授のエッセイ集『人間の旬』が毎日新聞出版から刊行されています。ご存知のように、大村先生は2015年に「線虫感染症の新しい治療法の発見」で米国メルク社のウィリアム・キャンベルと共にノーベル生理学・医学賞を受賞された日本を代表する化学者です。

化学者が自ら記したエッセイというものは珍しいのではないでしょうか。本書に記された先生の幼少時の思い出、研究生活の苦労話、日常の身辺雑記などからは、一人の化学者がどのようなことを考えながら人生を歩んできのかをうかがい知ることができます。卓越した文章力もあいまって、理系・文系問わず、誰もが興味をもって読むことのできる珠玉のエッセイ集になっていると思います。

私のお気に入りは、タイトルにもなっている「人間の旬」というエピソードです。80歳でノーベル賞を受賞された先生の「人が独創性と実行力を失いさえしなければ、(旬の季節というものが)何度でもめぐってくる」という言葉には大変な説得力があります。なにか新しいことを始めるにあたって年齢は関係ないのだ――そう勇気付けられます。
マットで美しいカバーの装画は、画家の小杉小二郎氏によって描かれたものです。

箴言集『人をつくる言葉』に引き続き、刊行のお手伝いをさせていただきました。

毎日新聞出版
http://mainichibooks.com/books/essay/post-332.html


 - WORKS

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

  関連記事

なぜかカバーにイエローが配色されがちな台湾翻訳版

数日前から胃腸をやられていてちょっと参っています。 それはともかく。昨年11月に …

zouhoban-ebook
『増補版 寄生蟲図鑑』の電子書籍版がリリースされました

本日より『増補版 寄生蟲図鑑』の電子書籍版がAmazonはじめ主要オンライン書店 …

『中国人に対する「労働鎖国」のすすめ』という本のカバーイラストを担当しました【スタジオ大四畳半】

西尾幹二先生の『中国人に対する「労働鎖国」のすすめ』(飛鳥新社)という本のカバー …

安田竜平
マンガ生物学(仮)のイメージボード5

安田竜平。抗体作成用のウサちゃんを、クリステルの魔手から救出したところ。imag …

生物学_イメージ
マンガ生物学(仮)のイメージボード

いまやっている生物学マンガのイメージボードです。 こんな感じでいこうかなーと。 …

『寄生蟲図鑑』の増補版を講談社から刊行します

新刊が出ます! 来年の1月23日、『増補版・寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』 …

完全リニューアル!『増補版・寄生蟲図鑑』のカバー周りのデザインが完成

東銀座にあるデザイナーさんの事務所で2017年最後の打ち合わせ。印刷所から『増補 …

草魚バスターズ_カバー
上質のサイエンスミステリー、『草魚バスターズ もじゃもじゃ先生、京都大覚寺大沢池を再生する』を諸々と担当しました【スタジオ大四畳半】

京都嵯峨芸術大学の真板昭夫先生の著書『草魚バスターズ もじゃもじゃ先生、京都大覚 …

『生きてるだけで150点!』(小西博之、毎日新聞出版)刊行です

俳優・小西博之さんの本のお手伝いをさせていただきました。『生きてるだけで150点 …

『寄生蟲図鑑』が四刷になりました【スタジオ大四畳半】

編著本の『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』(飛鳥新社)ですが、おかげ様で、な …