スタジオ大四畳半

四畳半から一軒家に昇格。

*

竜宮城(餌場)は二つあった

      2018/01/22

東京大学大気海洋研究所に所属されている畑瀬英男さんの『竜宮城は二つあった: ウミガメの回遊行動と生活史の多型 』(東海大学出版部)出版記念トークショーを池袋のジュンク堂に聴きに行ってきました。『竜宮城は二つあった』は東海大学出版部が出している「フィールドの生物学」シリーズの22冊目で、ウミガメの餌場である「竜宮城」を追い求めてきた研究者が自らの研究の軌跡を綴った本です。四六時中ウミガメのことばかり考えて生きてこられた方の20年分の研究成果を90分に濃縮したとても贅沢な講義(トークショー)でした。


ウミガメの同一個体群における生活史多型を卵の安定同位体分析(そのカメが何を食べていたかがわかる)と衛星による追跡で詰めていくという大変な仕事にはひたすら頭が下がります。竜宮城(餌場)が二つある理由、それが遺伝的多型によるものか、表現型可塑性によるものか、はたまたーーというところで、「今後の研究に期待!」となるわけですが、そこまであっと言う間の90分でした。東大海洋研は昔所属していた研究室と組織が近いということもあり、今回のトークショーは学生時代に出ていたゼミを彷彿とさせ、なんだか懐かしさを感じる時間でもありました。

 - 日記

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

  関連記事

no image
恐い順番。地震>>越えられない壁>>>雷>以下略。

ニュースは昨日の十勝沖で地震の話題で持ちきりだ。大きいものだったようだ。一人以上 …

no image
Syoさんが英国紳士になるとのこと

魚病学研究室のSyoさんが、研究者としてイギリスの大学に務められることになった。 …

[スタンド名]SCRAPPER/[能力]神経伝達物質関連タンパク質を破壊する

“Cell”2007年9月7日号の表紙を荒木飛呂彦先生が …

no image
マルチポストメールが来た

最近流行りのマルチポストメールが遂に僕のところにもやってきた。流行りに乗れたよう …

no image
部屋の更新料を払った

引き続き昨夜も眠れず、一晩かけて『カイジ』を26巻分読んだ。『カイジ』では鉄骨を …

no image
ゴールデンウィーク最終日を麻雀でしめる

ゴールデンウィークの最終日は、国士会麻雀部の新歓麻雀で終日を高田馬場で過ごした。 …

no image
「今日のラッキーアイテム」とは何だ?

朝の報道番組では、時刻の代わり際に「今日の星占い」というコーナーをやっています。 …

BOOKS青いカバ

少し前から気になっていた駒込の書店「BOOKS青いカバ」。アンソロジー本『絶望図 …

no image
家でポテポテと論文を書く

家でポテポテと論文を書いています。月曜日が締め切りになっているので、残り時間はあ …

no image
涯(はて)

猛省すべき出来事があり、多少の自己嫌悪に陥る。しかし、二度とこのような失敗をしな …