スタジオ大四畳半

四畳半から一軒家に昇格。

*

睡眠時無呼吸症候群

      2011/08/11

たまに、睡眠中に呼吸が出来なくなる。今日もそうで、苦しさの中でやっとの事で目を覚まし、それ以降朝まで起きていた。いわゆる睡眠時無呼吸症というやつなのだろう。特にそれがレム睡眠時だと、自分の呼吸が止まっているのを夢現に自覚しながら、それでも何故か空気を吸えない地獄の苦しみを、もどかしさと焦りの中で味わうはめになる。

脳は起きていて呼吸の必要性を必死に訴えているのだが、体は寝ているので指一本も動かせないし、横隔膜はぴくりともしない。認知神経細胞の中の僕は苦しさで顔面蒼白になりながら、体が目覚めるまで喉元を押さえて転げまわる事になる。
いってみれば、肺の中の空気を全て吐き出した状態で、海中に放り出されたようなものだ。海面に浮上(体が覚醒)するまで、思考は疾走(脳は覚醒している)すれども、空気は絶対に吸えない。

まさに地獄である。

やっとの思いで体を覚醒させ、布団の上に胡坐をかいて一段落してから、これが世間で所謂「金縛り」と呼ばれているんじゃないかと思った。

父親が一晩に10回くらい呼吸が止まっているのを僕は知ってはいたが……困ったものだ。

 - 病気

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
今後徹夜をしないという儚い決意

巣鴨へ引越してきた。「お年寄りの原宿」らしい。追々、探索してみようと思う。部屋の …

no image
咳をしても独り

昨日の夜からいつものように気管支が狭くなってしまった。日が変わっても動けず、家で …

no image
一歩進んで二歩戻る

喘息悪化した。苦しい。 今週はほとんど学校に行けてない。凹む。いかん!いかんです …

no image
親知らずを抜いた

一念発起して、医者に指摘されてから一年以上放置してきた親知らずを抜いてきた。まず …

no image
少し前から右腕が上がらない

目が冴えてしまい、眠れなかった。少し前から右肘から右背筋にかけてが痛くて肩が上げ …

no image
ひどい病気の兆候

夕方から著しい発熱が起こり非常に良くない状況だと思われたので、無理をして明日まで …

no image
いろいろ負ける(featuring Kenji Miyazawa)

菌にもまけて 熱にもまけて 下痢にも嘔吐感にもまけて 丈夫なからだをもってると思 …

no image
明日は休めないのに風邪をひいてしまった

昨日の寒さにやられたか、どうも風邪ひいてしまったようだ。それなのに、きょうはsa …

no image
喉元過ぎれば暑さを忘れる

「喉元過ぎれば暑さを忘れる」とはよくいったもので、また咳が止まらなくなって、少し …

ダースベイダーは喘息なのか

結局ちょっと寝たら起きてから喘息が出てしまって大学は休んだ。普段は意識すらしない …