スタジオ大四畳半

四畳半から一軒家に昇格。

*

『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』の見本が完成しました【スタジオ大四畳半】

      2014/04/23

コツコツと作ってきた『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』(初めは『目黒寄生虫館 寄生蟲ファイル(仮)』という名前でした)がようやく完成し、このほど印刷所から見本が刷り上がってきました!

この本では、企画と編集と執筆のすべてを行うことができました。一般的な書籍ですと編集サイドの「経費を出来るだけ節約したい」とか「完成度は8割でいいのでこの時期までに校了したい」といった都合や、著者サイドの「まだまだ完成度を高めたい」とか「この部分のコダワリは譲れない」という希望に対して、妥協点が必ず出てくるわけですが、この本に限ってはやりたいことを総てやりたいように出来ました。とても贅沢な制作環境だったと言えます。

企画を考えたのが2011年7月、目黒寄生虫館に相談にうかがって実際に手を動かし始めたのが2011年の末でしたので、約1年半くらいコツコツと進めてきたことになります。その間、色々とアドバイスを下さり、叩き台の段階の原稿から目を通して至らぬ点を指摘していただいた目黒寄生虫館の先生方には感謝の言葉もありません。特に館長の小川和夫先生には、巻頭言までいただくことができました。小川先生は僕の学生時代の指導教官ですが、当時から本当にお世話になりっぱなしです。ありがとう御座います。

本の内容では、写真ではなくモノクロの点描のイラストを使うようにしたことは、わりと上手くいったのではと思います。デザイナーの芦澤泰偉さんに腕をふるっていただいた素敵な装丁と合わせて、博物学をイメージさせるアナログ感が出せました。

書籍の電子化が叫ばれて久しいですが、この本のアナログさは、デジタルではあと20年は再現できないと思います。三方塗りでランダムに染みてる感じなんて出せない! というわけで、メジャーな分野のマイナーよりは、マイナー分野のメジャーをこよなく愛する、生き物好き、といった方々の琴線に触れる内容になっている本に仕上がっていると思います。

早目に1万部くらい売れたら続編を作ろうということで盛り上がっていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2013/08/07:追記

PVを作りました。

ポスターとポップを作りました。
『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』B3サイズポスター
Parasites_B3_Poster
↓ダウンロードはこちらから↓
『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』B3ポスター・PDFファイル(6.77MB)

『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』POP
Parasites_POP
↓ダウンロードはこちらから↓
『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』POP・PDFファイル(644KB)

 - WORKS, 寄生蟲図鑑

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
グロ耐性のある方にぜひ観てもらいたい、『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』のPV完成!【スタジオ大四畳半】

『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』のPVを作ってみました。 同じ動画の音無し …

『尖閣武力衝突 日中もし戦わば』という本の本文イラストを作成しました【スタジオ大四畳半】

スタジオ大四畳半で、『尖閣武力衝突 日中もし戦わば』(飛鳥新社)という本の本文イ …

生物学_イメージ
マンガ生物学(仮)のイメージボード

いまやっている生物学マンガのイメージボードです。 こんな感じでいこうかなーと。 …

『東大生が描いたマンガで学ぶ大学受験』
『東大生が描いた マンガで学ぶ 大学受験』を出版しました

本日、『東大生が描いた マンガで学ぶ 大学受験』の見本が印刷所から刷り上がってき …

九段クリステル紫
マンガ生物学(仮)のイメージボード6

九段クリステル紫。肺は真っ黒、心も真っ黒。 少しこなれてきたので、このあたりでf …

草魚バスターズ_カバー
上質のサイエンスミステリー、『草魚バスターズ もじゃもじゃ先生、京都大覚寺大沢池を再生する』を諸々と担当しました【スタジオ大四畳半】

京都嵯峨芸術大学の真板昭夫先生の著書『草魚バスターズ もじゃもじゃ先生、京都大覚 …

『世界で一番詳しいウナギの話』の本文イラストを作成しました【スタジオ大四畳半】

スタジオ代四畳半で、『世界で一番詳しいウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス …

no image
昼過ぎまで惰眠を貪ってしまいました

Ouch! 昼過ぎまで寝てしまいました。これはいけません。 きょう一日、心を入れ …

『人をつくる言葉』(大村智、毎日新聞出版)刊行です

『人をつくる言葉』が毎日新聞出版から刊行されます。2015年に「線虫感染症の新し …

なぜかカバーにイエローが配色されがちな台湾翻訳版

数日前から胃腸をやられていてちょっと参っています。 それはともかく。昨年11月に …