スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

『世界で一番詳しいウナギの話』の本文イラストを作成しました【スタジオ大四畳半】

      2013/04/23

スタジオ代四畳半で、『世界で一番詳しいウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)』という本の本文イラストを作成しました。

著者の塚本勝巳先生は東京大学大気海洋研究所教授。業界では「世界的ウナギ博士」と呼ばれる方です。今年7月までマリアナで行なっていた最新調査データ、シラスウナギ大不漁の原因、10年後のウナギ資源量予測、完全養殖への課題、幻の絶品「アオ鰻」の作り方など、ウナギに関する世界最先端の話題が一般向けにやさしく書かれてあります。世界で初めての天然卵発見秘話は、手に汗を握る上質のサイエンスアドベンチャーとなっています。

僕も大学での専攻は水産でしたので、気合を入れて取り組みました。といいますか、実はこの本の担当編集もしています。世間一般ではウナギの養殖が「蓄養」であることすら知られていません。みなウナギのことをよく知らないまま蒲焼を食べています。この本が各所で話題になり、日本のみなさんが持つウナギについての知見を底上げができれば、そして最終的にはこの本を通して日本の水産全体を盛り上げることができればと願っています。

サイエンスアートの巨匠・斎藤雅緒先生に美麗なカバーイラストをお願いしました。蔵書とするにあたっても嬉しい一冊となっていると思います。

 - WORKS

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2013年の180冊
ブックファースト「2013年の180冊」

暇にあかして新宿のブックファーストを流していたら、「2013年の180冊」という …

『寄生蟲図鑑』が四刷になりました【スタジオ大四畳半】

編著本の『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』(飛鳥新社)ですが、おかげ様で、な …

unsteady-cover
『フラリーマンの心理を読む 帰る夫のつくりかた』(渋谷昌三、毎日新聞出版)の見本完成

お手伝いをさせていただいた『フラリーマンの心理を読む 帰る夫のつくりかた』(渋谷 …

安田竜平
マンガ生物学(仮)のイメージボード5

安田竜平。抗体作成用のウサちゃんを、クリステルの魔手から救出したところ。imag …

cover
『えげつないいきもの図鑑』が三刷になりました!

『えげつないいきもの図鑑 恐ろしくもおもしろい寄生生物60』(ナツメ社)、ご好評 …

『地域おこしに役立つ! みんなでつくるフェノロジーカレンダー』(旬報社)校了

デザイナーさんに色校をチェックしていただいて、先ほど無事に校了。 お手伝いをさせ …

『生きてるだけで150点!』(小西博之、毎日新聞出版)刊行です

俳優・小西博之さんの本のお手伝いをさせていただきました。『生きてるだけで150点 …

fantoni GT(W1800 × D800mm)を購入

いつの間にかクーラーが不要になり、もうすっかり秋ですね。 現在、自分の原稿をやっ …

A3カラーレーザー複合機を導入

大仕事に取り組むことになり、作業の効率化を図るべくスタジオ大四畳半にA3のカラー …

『ナンコレ生物図鑑 あなたの隣にきっといる』(佐々木洋・スタジオ大四畳半、旬報社)刊行です

生き物探しに最適な季節、夏。というわけで、スタジオ大四畳半がイラストを担当した『 …