スタジオ大四畳半

スタジオ大四畳半は書籍の企画・執筆・編集などを行っています。四畳半から一軒家に昇格。

*

合縁奇縁

      2011/07/20

僕がまだ中学生の時分、どこかで入手した漫画雑誌に掲載されていたある作品に心を奪われたことがある。雑誌に収録された10近くの作品の中で、一際光り輝いていたその1作品。その作品にひどく心を打たれた僕は、何度も何度も読み返したものである。しかしながら、いつの間にか雑誌は手元からなくなり、作者名も作品名も、雑誌名すら覚えてなかったため、再び読む術がなかった。いまならインターネット検索で探し出せるのかもしれないが、当時はインターネット検索は今のようにメジャーではなかったのだ。当時の僕はふと気付いたら、書店でその作者の本を画風だけを頼りに探していた。しかし、どんな大型書店へ行っても見つからなかった。その漫画家は相当マイナーな作家であるようだった。時間が経つにつれ、あきらめと、目まぐるしく変わる日々の生活の中でいつしかその作品の存在を忘れてしまっていた。

そして現在、物体がカオス理論で配置され、エントロピーが増大しまくっているtatumiの部屋で、僕は何気なく床におかれたダンボールの中にある無数の漫画の中の一冊を手にとった。

本の表紙から入手された視覚情報が、脳のニューロンにナトリウムイオンの大量の流入を引き起こした。いくつかのシナプスで興奮は伝達し、永きにわたり使われることのなかった記憶のネットワークが、 瞬時に蘇った。

震える手でページを捲った。口から、意味を成さない言葉が漏れた。tatumiが怪訝な顔をして覗き込んだ。

収録作品の2作品目でついに僕は「それ」と再会した。

「探した……探したぞ……」。記憶の中で美化されるというのはありがちな話であるが、現実の「それは」やはり素晴らしかった。嬉しさと懐かしさと照れくささで胸がいっぱいになった。

兵庫県で当時15才の僕が失ったもの。それが7年という時を経て、北海道から来た青年の手によって僕に再びもたらされた。不思議な縁によって、空間と時を隔て、生きてる間にまたこの漫画に巡り逢えた事に、ただただ喜んだ。涙が出てきた。

万感の想いで咽び泣きながら、僕は作品を声に出して読んだ。tatimiがひどく気まずそうな顔をしていたが、気にならなかった。

僕は再びこのエロ漫画と再会したのだ。

 - 雑文 ,

Ad for PC(336)

Ad for PC(336)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ラマダンは日没まで水も飲めないそうだ

同級生のオマーン人が連日ラマダン(断食)をやっている。日没までは水も飲んではいけ …

no image
3.論理問題の解答と解説

<<解説>> まず、本文から読み取れるY教授の「主張」とは、「牛や鳥の食の安全が …

no image
12月24日、愛国心に沸く日本列島

12月24日。 今日は天皇誕生日の後夜祭です。 街も愛国烈士たちで賑わっています …

no image
1.資料解釈問題の解答と解説

どの数字にどんなバイアスがかかっているかを読み解く問題。 本問を解く際には「調査 …

宿主の年齢と感染率との関係
4.推論・分析力問題(制限時間5分)/ 難易度:★★☆

問題中の設定はフィクションです。統計処理をしてない本問のグラフには実際のところあ …

no image
捕鯨賛成派としての理論武装

科学的な捕鯨妥当性の再検討に反対するということは、反捕鯨国は一応自分達が非科学的 …

no image
「飲んだら乗るな」は絶対

福岡海の中道大橋飲酒運転事故のおかげで、運転代行業が盛況なのだそうです。 「飲ん …

no image
死生観

あるドキュメンタリー番組を見ていて、その過剰な演出に戸惑った。いくら万物の霊長と …

no image
バレンタインデーにおける格言

チョコが欲しけりゃ店で買えばいい。 女性の手から欲しけりゃ女性店員のいるレジに並 …

no image
ヨカチンと僕―幼年期の記憶

 奥歯に違和感を感じて保険センターの歯科に予約をしたその予約日が本日だったので、 …