教育実習3日目

教育実習3日目。メモ程度だとしても、きょうの情報を残しておきたいと思う。

理科教師は研修日だったので、終日教材研究に費やした。A4用紙半分程度の板書の内容を講義すると仮定すると、事前に用意して頭の中に入れておかねばならない情報はA4用紙5枚程度になる。つまり、10倍だ。先生がカンペをみながら講義するわけにはいかない。つまり、その10倍量の情報を暗記しておいて、なおかつ、出力の際には生徒が興味を持って、目を輝かせて聴けるようにデコレートしなければいけない。なかなかに至難の業だ。教科書は使わない。

金曜日に、ユスリカの唾腺染色体の観察実験の講義をすることが決まった。初のピンでの60分である。生徒が作業をする時間があるので、こちらには多少余裕がある。

今日からHRは一人で行う。近縁度と遺伝子頻度の小話をしてみたが、今日も反応はイマイチ。そういえば、進化をまだやっていないそうだ。話しているときにまったくついて来てくれていないと解る瞬間がある。これはツライ。観客がまったく笑ってくれない時の壇上のお笑い芸人はこんな気持ちなのだろうか。研究室のゼミで行うプレゼンと、大勢の生徒の前で身振り手振りで行う話はまったく違う。先方にあらかじめ知識はあるか。自分の中で知識が体系だてて整理できてるか。その引き出しは開けやすいか……。明日からの小話にも自信はないが、続けようと思う。ネタはまだ考えていない。夕方あたりからの疲労が激しい。体力がないからなのか、慣れていないからなのか。

大学の講義で統計学のレポートを提出しなければいけなかったので、数学科のyonedaにメールで教えてもらった。教育実習をしながら統計の勉強などとてもできないところだったので、大変助かった。やはり持つべき物は友である。

ヘビメタさんという深夜番組でアホなことばかりやってる。久しぶりに面白いと思ったテレビ番だが、もうすぐ放送終了なのだそうだ。残念。何度も挫折したが、やはりギターを弾けるようになりたいなと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました