教育実習4日目

教育実習4日目。まみむ。メモ。

同期で同じく実習生のSが朝一におう吐していた。4日目にして疲労も蓄積してきたのだろう。無理もないと思う。僕も気をつけないと。

明日の講義資料を作成。こういう作業は得意である。数年前ここに高校生として通っていたころは、自分が同じところで講義をすることになるなんて夢にも思わなかった。常々自分は高校生時分からなにも成長していないと思っていたが(むしろ受験の時に使った微積なんかも綺麗さっぱり忘れてしまい退化してるとぐらいに思っていたが)、意外と大学に入ってからも成長してたのだと気付いた。予備実験もやってみた。決戦は明日の1限だ。

O先生の講義をすべて見学する。やはりO先生は凄い。60分間、生徒の目は輝きっぱなしだ。来週からはそのO先生が受け持ってる講義を全部僕がやることになる。当初は高校2年生が担当という話だったが、高校1年生も、おまけに文系、理系もやることに。ざっと計算してみたら15コマくらいある。いよいよ、鬼の指導が始まるわけである。

高校3年生から質問を受けた。突然で若干戸惑ったが、生物ウンチクで生徒さんの興味を持続させつつ、なんとか自然にまとめることが出来た。何度もお礼を言われた。よかった。

校長と話しながら帰宅した。コイが死んだそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました