教育実習5日目

教育実習5日目。今日も散文的なメモしか残す余裕がないが……。

とても忙しい。きょうは1限目の担当講義で燃え尽きた。学んだことはたくさんある。来週からはこの4倍、一日4コマ講義を担当する日があることを思うと、どうしたものだろうと困ってしまう。学校が遠いので5時起きの2時寝だ。やる気のある学校なので、土曜も休みではない。起きてる間中、教材研究に追われるのだろう。60分間、40名ほどの生徒の視線と突拍子もない疑問を一身に受けながら、よどみなく講義を展開しなければならない。そして、ここが一番難しいところなのだが、彼らに生物の面白さを知ってもらわねばならないのだ。点を取るための決まり切ったテクニックをマンツーマンで教える、バイトの個別指導や受験指導とはわけが違うのである。2年、3年と続けていけば、それなりのパターンや引き出しのストックができて、もっと余裕ができるのだろう。なにもかもが初見の1周目なので、とにかくがむしゃらにやるしかないか。

忘れてしまった関西弁をだいぶ思い出した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました