新居がようやく安定してきた

ようやく新しい環境に落ち着いてきた。「引越し」という作業は実際やってみると、引越し前にも引越し後にも相当に時間をとられてしまう事を改めて認識させられた。大抵の家はそうなのかもしれなくて、今度越してきた家が前より広いから特別目に付きやすかったのだとは思うが、新居にはあちこちに不備があった。不備というものは使っている人がそう思わなければそうではないのだろうが、僕も少し神経質ではあるので、結局、気になるところは全て直してもらった。管理会社に電話して工務店の人に来てもらい、具体的には水漏れしている水周りの全てと、やたらと軋む床の補強と、傾いていたドアの取替えをしてもらった。問題の解決には丸一週間をとられたが、ようやく普通に生活していて困らないだけの内装になったと思う。こういう事は新しい住人が来る前に終わらせておいて欲しいものだ。常にそのような仕事で、入居者が何も言ってこなければ放置なのだろうか。あと残ってるのはテレビのアンテナの調節である。現状ではWBSを観る事ができない。由々しき事態だ。

駒場祭頃から咳がひどかったので、伯母に送ってきてもらった咳止めを飲んだら2日間行動不能になってしまった。意識が朦朧として、とにかく眠くて眠くて起き上がれない。ツエツエ蝿に刺された人はこんな感じなのだろうか。携帯の履歴を見ると色々な人から電話がかかってきたみたいだが、全く記憶にない。なんて受け答えしたんだろう。どうも抗ヒスタミン剤がいけなかったらしい。結局土日あわせて30時間くらい寝ていた。普段は睡眠時間が短くて、それはそれでよくないが、過分に長く寝るとどうも命を削られた感じが。

新しく導入したPCは、OSしか入っていない白痴マシーンだったので、今日一日かかって旧マシーンと同じプログラムが使えるようにした。これでやっとページの更新もできるようになった。

まんがくらぶに2年生の新入部員が来たそうだ。この時期に新入部員とは珍しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました