祝!フロリゲン本体特定!

また1つ、生物の真理が明らかになった。建部先生のプロトプラスト単離方法確立(この技術で動物学に比べて遅れてていた植物学が急速に前進した)の実績もあるし、もう、「日本の植物学は世界一ィ」って言っても過言ではないかな?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「花咲かじいさんの灰」を特定 日、独の研究グループ

 植物に花を咲かせる「開花ホルモン」を、日本、ドイツの研究グループがイネとシロイヌナズナでそれぞれ特定することに成功した。開花ホルモンは、いわば“花咲かじいさんの灰”にあたる物質で、70年にわたって多くの研究者が探し求めてきた。ともに19日付の米科学誌サイエンス電子版に発表される。

 開花ホルモンの候補としては、日照時間が短くなると花をつけるイネなどでは「Hd3a」、日照時間が長くなると花をつけるシロイヌナズナなどでは「FT」というたんぱく質が見つかっている。しかし、日光を受ける葉から、花芽(かが)ができる茎の先に実際にどんな物質が伝わっているのかわかっていなかった。

 奈良先端科学技術大学院大の島本功教授らは、イネの遺伝子の一部を変えてHd3aたんぱく質に目印をつけ、イネの中でどう動いているか追跡したところ、葉で作られ、茎を通って茎の先端へ運ばれている様子が観察できた。このことから島本教授は、このたんぱく質が開花ホルモンであると結論づけた。

 また、ドイツのマックス・プランク研究所のグループも、FTたんぱく質が葉で生成され、茎の先端まで移動したとする研究を発表。Hd3aとFTがよく似た構造であることから、多くの植物に共通の開花ホルモンが存在する可能性も示された。

 開花ホルモンは、旧ソ連の植物生理学者チャイラヒャンが37年にその存在を仮定し、「フロリゲン」と命名。島本教授は「フロリゲン本体が特定できたことで、開花を自由に調節できる夢の薬剤の開発につながるのではないか」と話している。

ソース:asahi.com:2007年04月19日11時47分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この件を諦めずに研究し続けてきた植物学者の方々はとても偉いと思う。

植物学は動物学と比べて人気がない。現在の日本だと植物の研究者は動物の研究者の10%くらいだろう。昔は植物学の方が流行っていた。しかし、以下のように徐々に動物学におされてきたのだ。

200年前:植物学>>>>動物学
100年前:植物学>>動物学
50年前 :植物学>動物学
現在  :植物学<<<動物学 植物よりも動物の方が細胞が扱いやすく、医学に直結しやすいのが原因なのだろう。そういえば、植物学にはノーベル賞がない(動物は生理医学賞がある)。 まぁ自分も当然そうなんだけど、人間はいつもいい時でないと嫌なのだ。植物をはじめとする圧倒的多数の他の生き物は、我慢する時があるってことを弁えてるというのに。 何はともあれフロリゲンの本体がようやく特定されたというのは感慨深い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました