喉元過ぎれば暑さを忘れる

「喉元過ぎれば暑さを忘れる」とはよくいったもので、また咳が止まらなくなって、少し前までの健康のありがたを身にしみて感じている。薬を飲めば治まるとは思うが、前回の失敗があるので躊躇してしまう。薬を飲むとおそらく強力な睡魔がやってきて、きっと明日の授業に出られなくなるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました