第48回造本装幀コンクールで『寄生蟲図鑑』が賞を受賞しました!

WORKS

『寄生蟲図鑑』正面

 編集と執筆を行った本、『寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち』が第48回造本装幀コンクール「日本書籍出版協会理事長賞 専門書(人文社会科学書・自然科学書等)部門」を受賞しました! このコンクールは、書籍の造本技術、装幀、デザインなどを総合的に評価する出版業界で唯一の賞です。7月に東京ビッグサイトで開催される東京国際ブックフェアにて一般公開されます。

『寄生蟲図鑑』カバー
『寄生蟲図鑑』表紙と本文

 本書のデザインは芦澤泰偉事務所の芦澤泰偉さんと五十嵐徹さんによるものです。「カバーにUVシルクスクリーン印刷を使おう」とか「イラストを標本瓶に入れてその写真を表紙素材にしよう」とか「三方塗りにしよう」といった数々のアイデアを出していただき、素晴らしいデザインをしていただけました。

 また、張り切ったデザインのために紙代や印刷代といった製作コストは大変なことになりましたが、版元が飛鳥新社であったために、その膨大なコストのまま実際に本を作ることができました(飛鳥新社という版元は、この本を作った当時に僕が編集者として勤めていた出版社ですが、企画そのものが面白ければわりと何でもGOが出てしまうのです)。

 書籍の電子化が叫ばれて久しいのですが、この本に施された博物学をイメージさせる数々の仕掛けはデジタルではまだしばらく再現できないんじゃないかなと思います。

[amazonjs asin=”486410252X” locale=”JP” title=”寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)”]

タイトルとURLをコピーしました