持続型相対強運

馬場で23時に国士会麻雀部の卓を立てたのだが、一昨日のリセットが功を奏したのか、爽快なバカヅキを披露してしまった。

14半荘でトップ9回、2着3回、3着1回、ラス1回という大勝である。トータルが+393で、同卓のアカギ(▲26)、初代(▲164)、ミセ(▲203)を気持ちいいまでに殺し切った。

これだけついてるとビデオゲームの麻雀のように、何をやっても絵が合う。「入りそうだと思った所に実際に入るという事象」、「予想したロン牌が一点で的中するという事象」が持続したわけで、非常にストレスフリーな麻雀であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました