理系の教職科目についてとイカサマ麻雀

きょうは学生実験が終わったら江ノ島に魚釣りに行こうと思っていたのだが、台風が通って海がうねっているらしいとの情報を得たので中止にした。夕方、久しぶりに師匠と会いさくら水産で晩ご飯を食べる。「理系学生の教員免許取得の道は険しいねぇ」ということで意見が一致した。我々は卒業に必要な単位に、教職科目で取得した単位が一切使えないのである(文系だと教職科目の単位が卒業に必要となる単位に組み込める)。まさかこれほど徹底しているとは思いもしなかったが、既に教職科目で30単位取っている。毒食わば皿まで…ということで、最後まで頑張ろう。この頑張りが、後の精神安定につながると信じて。

帰って寝ようと思ったら大五郎から呼び出しがあり、ホイホイ出て行った。しゃんべん、コメ、大五郎という濃い面子で卓が立つ。ノーレート、通し、イカサマあり、しかもコンビで打ってみようということになった。今月は国士会麻雀部の方で調子が悪いので、いつもと違う雰囲気の麻雀も、気分転換にいいと思った次第である。即席コンビでは意思の疎通がままならず、握りこみとブッコ抜きでせっかく張った大三元に味方が振り込んだり、積み込んだ大四喜十枚爆弾が敵方に流れたりと愉快な麻雀だった。普段使わない部分の脳を使わなければいけなかったので、意外と疲れた。さながらスポーツの様相であった。組み合わせを変えて3半荘もやったら眠ってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました