恐い順番。地震>>越えられない壁>>>雷>以下略。

ニュースは昨日の十勝沖で地震の話題で持ちきりだ。大きいものだったようだ。一人以上の死者が出たのだから、軽々しく「思ったより被害は軽微で良かったね」なんて言ってはいけない。阪神大震災を経験して以来、地震はどうにも苦手だ。

改めて思いを巡らせてみると、東京も近いうちに大地震が起きると、云われ続けて久しいのである。そろそろではないかとも思う。しかしながら、いつ起こるかわからない事態に事前に意識を張り巡らせておくということは難しい。いつ起こるかわからないので、期待値を設定できないからだ。自然と意識の優先順位は下がっていく。関東大震災の警告を聞きつつも、緊急時のサバイバルキットを買い置きするでもなく、部屋の家具を器具で固定するでもなく、僕は毎晩、落ちてきたならば鼻の骨くらいは簡単に折れそうな、『野望の王国愛蔵版全九巻in野望の箱』が置いてある棚の下に顔を向け、北枕で寝ている(北枕は健康にいいはずなのだ)。

沸騰したお湯にカエルを入れるとすぐに飛び出してしまう。しかし、水にカエルを入れて暖めていくとカエルは湯だって死ぬ。「災害のレシピ」だそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました