部屋の更新料を払った

引き続き昨夜も眠れず、一晩かけて『カイジ』を26巻分読んだ。『カイジ』では鉄骨を渡る話が秀逸だと思う。『天』の最終章でもそうだけど、福本伸行氏が作品で語る人生観は面白い。

日が昇ってから、部屋の更新料を管理会社に払いに行った。かなりの大金である。つくづく、日本の賃貸の制度は大家にとても有利だなと思う。願わくば僕も大家になりたい。駒場の横にアパートを建てよう。2年毎に学生が入れ替わり、その度に敷金と礼金が入ってくる算段だ。

部屋の更新料を払い終えた後、一昨日から放置していた自転車のパンクも直しに行った。チューブがもう寿命だそうだ。元々安い自転車であるし、丸2年、毎日乗ってるから元はとれている。次にパンクしたら新しいのに買い換えようと思う。

夕方、satouさんと合流し、海鮮鍋をやる。徹夜明けにフルで動いたので、流石に食後に眠くなって、そのままsatouさんの家で寝てしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました