葦をまとめて運ぶコザクラインコのサクラ

前回に引き続き、実家で飼っているコザクラインコ(Agapornis roseicollis)のサクラです。

サクラを放鳥しているとしばしば、小物を入れる籠から葦を抜いて腰に挿す様子が見られます。葦は巣材として使いたいようです。この後、腰に挿した葦を自分のケージの中に持って行きました。まとめて腰に挿しておけば一度に多くを運べるというわけですね。コザクラインコの習性だそうですが、なかなか賢いもんだなぁと感心します。

コザクラインコが籠から葦を抜いて腰に挿す 【うちのインコ3】|The parakeet wears reeds.

ちなみに横でウロウロしているのは、オカメインコの”クーちゃん”です。こちらの子は籠に興味を示しません。

放鳥した鳥たちはそれぞれ何らかのことに一生懸命で、眺めていて飽きません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました